2018年01月18日

次の元号を予測してみる

最近、元号ネタでいくつかツイートしました。



 ちょっと面白そうだったので、本気で次の元号で使われそうな漢字を予想してみました。
公式発表は年内らしいので、果たしてどうなるかな。

まず、頭文字がM,T,S,Hのものは使えないだろうということ。政府のコメントから、画数の少ない漢字だろうということを念頭に置いて、今までの元号でよく使われた漢字からリストアップしてみました。

まず。

「安」「永」「文」「弘」「久」「仁」「元」
が最有力かと思います。


「応」は頭文字が「0」となって、ゼロと紛らわしいので除外
「長」も頭文字の「C」が手書きでゼロと似ているので除外
「貞」「寛」「建」「康」「延」「享」も画数が多いので難しい。
「和」「治」「大(だい)」は、最近の元号で使われているので外されそう。

首相も自分の名前を元号につけるほど厚顔ではないと思うので、「安」もどうでしょう?

個人的には「文」が気に入っているのですが。

本命「文」


対抗「仁」


大穴「安」


果たして「文」で始まる元号になるかどうか?





posted by しまねこ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年06月06日

古いデジタルビデオカメラからDVDに変換する方法

 旧式のデジタルビデオカメラから動画を取り込んでDVDを作るのに難儀したと言うお話

DCR-PC55_130606059.jpg

 子供から「今日撮影したテニス大会のビデオをダブルスの相方にあげたいのでテープをDVDにコピーして欲しい」と頼まれました。

 我が家は未だにVHSデッキのみ。ブルーレイはおろか、DVD録画再生デッキが無いので、ビデオカメラからDVDにコピーすることができません。

 今まではビデオカメラをTVに直結して見ていたので問題は無かったのです。

 我が家で唯一DVDドライブがついているパソコン(iMacMid 2011)に取り込んでやろうとしたら、接続するケーブルが合いません。カメラは10年もののSONY DCR-PC55で、先代のG4Macの時にパソコンとの接続に使っていたiLinkケーブル(FireWire400)のコネクタがiMac側にはありません。(T^T)。

iMac_ura20130610062.jpg
続きを読む
posted by しまねこ at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年11月13日

中古ハードディスクをTV録画用に転用

 パソコンの内蔵ハードディスクをデジタルテレビ録画用に転用してみようと考えました。今回はその悪戦苦闘の模様を書きます。

 地デジ切り替え後も、我が家のテレビはアナログでした。契約しているケーブルテレビ会社が「デジアナ変換」というものをしてくれているので2015年までは今までのアナログテレビが使えるからです。

 今回、息子が「いい加減にウチもデジタルにしてくれ」と泣きついてきたので、とうとうデジタルTV(AQUOS LC-32H7)を買うことになりました。

 ところが録画する機材まで手が回らない(金がない)。ブルーレイディスクレコーダーを買えないので中古のハードディスクを録画用に転用しようとした顛末を書きます。

160GHDD.jpg

 今回最初に試したのはコレ、パソコンの内蔵ハードディスク(HDD)をUSB接続の外付けとして使うためのHDDケースです。


続きを読む
posted by しまねこ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月04日

浮沈子を使った簡易気圧計

 夏休み自由研究の簡易気圧計シリーズ3つ目はお弁当のしょう油入れを浮沈子として使います。

fuchinshi120804.jpg

<作り方>
 しょう油入れの先端にナット(M5)をねじ込んでオモリにして浮沈子を作ります。
 次に浮沈子の中に水を入れてギリギリ浮かぶくらいに調節します。
 微妙に浮力を変えるため、水色テープを貼った浮沈子は0℃の氷水で調節。
 赤色の浮沈子は60℃のお湯で浮かぶくらいに調節しました。


 続きを読む
posted by しまねこ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

高層ビルと気圧の実験

 夏休み自由研究のために何種類かの簡易気圧計を作りました。いよいよ本番の実験です。
なかなか台風が都合よく来てくれないので、高層ビルで地上と高所の気圧の差を調べる事にしました。

 最初は予備実験で近くの5階建ての病院へ。
 最初に一階で気温とそれぞれの気圧計の状態を記録しました。そしてエレベーターで一気に5階へ。高度差20mです。

 風船式の気圧計の針は、予想通り少し下に動きました。ガリレオ式気圧計はエレベーターの中でみるみる上に動いていきました。これは感度がいいぞ!と思ったのですが、5階へ着いても動きは止まらずさらに上に動いていきます。

 どうやら温度の影響のようです。1階はエアコンが効いていたのですが、5階はエアコンが止めてあってガリレオ式気圧計は温度計として機能してしまいました。

120804galileo05.jpg

浮沈子型は3個のうち、2個が浮いたままで、1階と5階では変化なし。鎖を利用した改良型では、5階でわずかに上昇がみられました。

 予備実験が終わったので、山陰地方で一番高いビル、高さ75mの山陰合同銀行本店ビルへGO!です。続きを読む
posted by しまねこ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月02日

ガリレオ式温度計を転用した気圧計

 一昨日の風船式だけでは面白くないので、さらに何種類かの気圧計を作って比べてみようと考えて、今度はガリレオ式温度計型です。

 本来は温度変化によって内部の空気の体積が変化するのを液面の上下で観察するという原理なのですが、この液面の上下動は大気圧の影響も受けるというのを逆手にとって、気圧計として使ってみる事にしました。

galileo120804.jpg

<作り方>
 炭酸系のペットボトルのフタにストローが通るくらいの穴を開けます。
 次に穴に透明なストローを通し、接着剤(ホットボンド)で隙間を埋めます。
 ペットボトルの底に食紅で着色した水を入れ、蓋を閉めて完成。

 液面の上下を観察しやすくするためにストローに定規を貼付けています。

画像の右にあるのは、通販で買ったアネロイド式気圧計です。


続きを読む
posted by しまねこ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月01日

ゴム風船式簡易気圧計

 うちの息子(中2)の今年の夏休み自由研究は「大気圧の研究」だそうな。

 まずは気圧計作りから。
 ネットをいろいろ検索してみて、「ビール缶気圧計」は面白そうだったけども、ちょうど良い大きさの容器が見つからず断念。一番簡単そうな「ゴム風船式」を作る事にしました。

 適当な大きさのガラス瓶にゴム風船の膜をかぶせてピンと張り、しっかりと固定します。次に瓶の縁に支点として短く切った竹串を固定します。そしてストローの一端をゴム膜の中央部に接着して完成です。(超簡単!)
fusen120801.jpg
続きを読む
posted by しまねこ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月22日

子供天神大餅さん

 地区の伝統行事「大餅さん」で、子どもたちが大きな餅を担ぎ町内を練り歩きました。
tenjin12012229.jpg

 お餅は前週の1月15日に椿の木でできた棒杵で祝い歌を歌いながら搗きました。




 かつては小中学生男児だけが参加する行事でしたが、少子化のため女の子も参加できるようになりました。それでも今日参加した子供は4名。お餅は大人が担いでいます。
taisyo101_0125.jpg
 公民館に保管されている大正12年の天神さんの旗には20名、昭和31年に新調したという天神さんの旗には34名の男児の名前が記されています。

 全国にある大餅行事は仏教の正月行事「修正会」に由来すると言われていますが、ここの集落では、かつて近くの里山にあった古天神に大人と子供それぞれが大餅を奉納していたが、現在は子供のみが残って「こども天神」行事となったとのことです。
続きを読む
posted by しまねこ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月15日

iPhone4Sが来た

 今朝、待ちに待ったiPhone4Sが届きました。
iphone11101407.jpg
 予約開始日の10/7にSBのオンラインショップで予約していたのですが、オンライン予約分は発売初日10/14発送なので、最短でも15日の午前中と言うことでした。

 発売初日にアップルストアやソフトバンク直営店に並んだ人たちは、システムトラブルで待たされたと言うことなので、翌日とは言え午前中に自宅で受け取れたのはラッキーなのかも知れません。
 続きを読む
posted by しまねこ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月14日

医療情報技師認定証が届きました。

 8月に受験した医療情報技師の合格発表が10月12日にありました。医療情報技師育成部会のWebに合格者の受験番号が掲載されたのですが、ちゃんと私の受験番号が載っていました。良かったー!。

 そしてその2日後には医療情報学会から水色の封筒が届き、中に「医療情報技師認定証」とクレジットカードサイズで顔写真入りの「認定証カード」が入っていました。

evernote+20111023+15-26-04.jpg

 さっそく病院の電子カルテ委員会スタッフや事務次長に報告しましたが、「ふーん、、、おめでとう」。あまりテンション高くないです。合格したからと言って、手当がつくわけでもないし。orz

 病院機能評価のver.6で「医療情報技師の配置が望ましい」という一文があるだけでは、いまひとつ権威がありません。せめて診療報酬に反映されれば違うんでしょうけど。
posted by しまねこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月25日

C1輸送機と新型C2の試験飛行

 今朝、脱穀の手伝いに田んぼへ向かう途中、頭の上を自衛隊美保基地から飛び立ったC1ジェット輸送機がいつものように訓練飛行していました。
inekari.jpg


我が家の上空あたりは訓練機の飛行コースになっているのです。
c1jet11091827.jpg
c1jet11091828.jpg

(写真は両方とも従来型のC1輸送機)

 2機目が来たなと思って眺めていると、なんだかデカいし微妙にシルエットが違うような?「未来少年コナン」に出てくるギガントや、「風の谷のナウシカ」に登場したトルメキア軍の大型輸送機バカガラスを思わせるずんぐりしたフォルムです。

 新型のC2輸送機でした。正式な配備は2014年度の予定なので、試験飛行のようです。現行のC1より1.5倍の大きさと言うことで、やはり大きく感じました。そのわりに爆音はC1と大して違わないような気がします。

 音が大きくないにしても、低空を飛んでいるのでC1でもこんなに圧迫感があります。C2だと圧迫感はさらに増しますね。


 残念ながら自分で写真を撮れなかったのですが、YouTubeにアップされた人がいたので、お借りして貼ります。
posted by しまねこ at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月09日

UPSの容量VAとW(ワット)は別物

 UPS(無停電装置)を手に入れてから気が付いたこと。電源容量の「VA」は「W(ワット)」とイコールじゃない


 購入に当たって、MacとWinの2台のPCをつなぐことを想定して500VAクラスのUPSを検討しました。2台のPCとモニタの合計消費電力が約300Wぐらいだから500VAなら余裕だねとオムロンのBY50Sに決定したわけですが、上の事実に気づいたのは購入後。


 
 UPSを設置して4個あるコンセントにPC2台のモニタと周辺機器用のテーブルタップをつないだとたんに「容量不足です」のアラームが。。

 「こりゃいかん!」と接続機器を減らして、結局UPSに残したのは2台のPC本体だけ。これでも電源容量の90%以上になることもあります。

omron1.jpg


 UPSの仕様に最大出力容量500VAと書いてあったので、当然500Wの容量があると思い込んでいました。
UPSの電源容量はVA=W÷力率で計算されるそうで、パソコンなどの力率は0.6〜0.7とのこと。それで計算すると、500VAのUPSの電源容量は300〜350Wってことになります。
 カタログをよく読むと、ウチのBY50Sの仕様は500VA、300Wとちゃんと書いてありましたよ..orz

 買う前に調べろよ<俺

 まあ、とにかく当初の目的であった雷サージからの保護突然の停電によるHDDやPC本体の障害防止は実現できたということで。


タグ:無停電装置
posted by しまねこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月06日

UPSの自動シャットダウンソフト

 昨日とりあえずUPS(無停電装置)をつないだものの、いざ停電したときにはバッテリーは数分しか持たないので、その間にパソコンをシャットダウンしないといけません。停電した瞬間に自分がPCの前に座っていれば手動で終了操作できますが、そうでない時のためにUPSには自動シャットダウンソフト「Power Act Pro」がついていました。

 UPSにはMacG4WindowsXPの2台をつなげていますが、このソフトは同じネットワークに繋がっているPCを同時にシャットダウンできるという優れものです。

 早速Windowsマシンにマスター版、Macの方にスレーブ版をインストールしてみましたが、何故かマックが認識されない。色々調べてみると、インストール時に「セットアップタイプの選択」で「Apache Webサーバーを使用する」を選択しなければいけなかったようです。

 一旦自動シャットダウンソフトをアンインストールして、やり直し。Apacheをインストールすると、ちゃんとMacを認識しました。

omron2.jpg

 うまくいったかどうか、早速テストしてみます。
 MacとWindowsを両方起動して、メールソフトやブラウザを立ち上げた状態で、UPS本体のプラグを壁のコンセントから抜きます。

 「ピッ、ピッ」と警告アラームが鳴りフロントパネルの表示が「oN」から「bU」に変わりました。そして一分後、自動的にシャットダウン操作が始まります。Mac側は次々にアプリが終了して、すぐにシャットダウン。Win側は、何故か「異常終了」のアラームを出しながら次々とアプリが終了して、1分程度でこちらもシャットダウンしました。

 終了時にエラー表示が出るものの、ちゃんと終了できたのでよしとします。

タグ:無停電装置
posted by しまねこ at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月05日

UPS(無停電装置)が届きました。

 この夏は落雷による停電騒ぎが2回も有って、検査室では瞬間停電対策に検査システム端末にUPS(無停電電源装置)を設置しました。
 実際数年前に近所の落雷でMacの電源がオシャカになったこともあって、自宅にもUPSを取り付けることにしました。

 機種は病院のシステムに使っているメーカーのものをと考えていたのですが、500WクラスのUPSに関してはネットの口コミでなんだか評価が低いようです。曰く「バッテリーが新品じゃない」「初期不良があった」などなど。
 大震災以降の計画停電で急に自宅用としての需要が高まったために個人ユーザーが増えて、トラブルも増えたのかな?とも思いましたが、同じ容量のオムロンBY50Sをアマゾンで注文しました。

11090701.JPG

オムロン 無停電電源装置(常時商用給電/正弦波出力) 500VA/300W BY50S

ちょっと電源コードがごちゃごちゃしていますが、こんな感じに設置しました。
posted by しまねこ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月06日

紫外線と光合成

 子供が夏休みの自由研究で「光合成と光の色について調べたい」と言うので、どの色の光が一番光合成に適しているかを調べることになりました。一緒に実験の方法や手順を考えているうちに、紫外線と光合成についても実験することにしました。


 早速子供と一緒に実験装置を作りました。ペットボトルに同じ量の水草(オオカナダモ)を入れ、その周りを色々な色のセロファン紙を巻きつけて、光合成で発生する泡の量で光合成量を比べるという方式です。紫外線については、サランラップに日焼止めクリームを塗ったものを用意しました。

263345_147711808644793_100002179238164_275795_5870071_n.jpg

画像の一番左が日焼け止めクリーム、緑、青、赤、青、無色透明。中央は対照として、水草を入れないボトル。

 そしてカンカン照りの日中に1時間おいて、それぞれのペットボトルにたまった泡の大きさを比べました。

 温度が上がりすぎると水草が弱るので、発泡スチロール容器の水槽に実験用ボトルを入れて、ホースで少しづつ水を流して温度を一定に保ちました。


さて、結果は?
続きを読む
posted by しまねこ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月22日

ねこむブログ開設

と、いうわけで、私用のブログもつくってみたわけだ
09122451.JPG
posted by しまねこ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記