2012年05月24日

パソコンがオーバーヒート

 検査室内で使っている端末の1つが妙に熱いので調べてみると、内部を冷却するファンが停まっているようです。パソコンの冷却ファンが動作しているのを確認するための鯉のぼりがいつの間にか無くなっているので気づくのが遅れてしまいました。

 さっそく業者に連絡して修理をお願いしたのですが、「10年以上前のパソコンなので、代替機も交換部品もありません。修理不能です。」と言われてしまいました。

minifan12052504.jpg

 じゃあ、どうしたら良いんですか?と聞いたら。「外から扇風機で冷やすしかありません」とのことでした。

 というわけで、小型のクリップ型扇風機(ユーイング 扇風機 クリップ式扇風機 MF−C17D)
を買って取り付けてみました。

 クリップで机に取り付けてみると、良い具合に電源部に風を当てやすい位置になりました。

 1500円程度の物なので、24時間連続稼働させていると扇風機の方が加熱して火を吹くんじゃないかとちょっと心配でしたが、今のところパソコンも良く冷えています。
posted by しまねこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床検査技師の日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56077444
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック