2006年02月06日

採血業務

 看護師不足の折りから、臨床検査技師も採血業務に参加する事となった。採血は、技師学校の時以来のことで、練習しなければ。

 放射線技師の若いのが職員健診の採血にやってきたので、「丁度良かった、採血してやるよ」と言うと「大丈夫なんですか?」と聞いてきた。

「心配するな、今まで失敗したのは2名だけだ。(採血するのはオマエで4人目だけどな...汗)」

 なかなか血管に入らず何度か刺し直して、ようやく必要量採血できました。(ふー)。

「いやー、ちょっと内出血したかな、青アザになるかも?ゴメンゴメン」と
その場をとりつくろう。

その後一週間ほど、彼は廊下ですれ違うたび、恨めしそうな顔で左腕の大きな青アザを見せてくれた。
posted by しまねこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床検査技師の日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36705634
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック