1996年02月14日

ぎぶみーちょこれーと

 バレンタインデーと言えば、検査学校の学生時代に微生物学の教官に

チョコレート寒天培地をプレゼントした同級生がいた。

 培地シャーレに本物のチョコレートを流し込み、ご丁寧にマジパンでコロニーをトッピングして....(^^;)。

 次の年はミントチョコで作った小川培地だった。
09122425s.jpg

ちなみに、チョコレート寒天培地というのは 主に淋菌、軟性下疳菌を培養するために使われる培地で、チョコレート色をしているのでこう呼ばれている。
 原材料はもちろんチョコレートではなく、ウマ、ヒツジの血液などを寒天で固めたもの。

コロニー
 細菌検査の培地に生えた細菌の塊で、培地の表面に小さな円形の塊が点在する。

 小川培地は、結核菌の培養に使われる培地。原材料は卵とグリセリン、マラカイトグリーンという緑色の色素。

 どちらも食べられません(たぶん)
posted by しまねこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床検査技師の日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36633138
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック