2019年05月17日

ドラレコを使ってみる

 昨日に引き続き、中国製廉価ドライブレコーダーの使用レポート。

 今日はちゃんとリアカメラも取り付け、日付設定もしていざ撮影。昨日は黄昏時の薄暗い悪条件でしたが、今日は晴天の午後5時ごろです。
ドラレコ517.png

 ドライブレコーダーの録画で重要なのは信号がちゃんと映るかどうかですが、設定で周波数を西日本の60HZに合わせたので、LED信号がちゃんと赤色に映っています。もちろん青も映ります。ただ、肉眼では連続点灯なのに、録画では速い点滅になります。
(追記:ここを勘違いしていました。信号と同じ周波数にしたら、シンクロして点滅しちゃうんです。50Hzにする必要がありました。)

 先行車のナンバーはこれくらいの距離なら余裕で読めます(一部マスク)、すれ違う対向車はちょっと厳しい、条件次第か。十分に明るい状態では読み取れました。

 リアカメラの映像は少し画質が落ちます。(リアガラスが汚れているのもある)。
リア0517.png
(左ハンドル車なのではなく、画像が左右反転で録画されています)

 それでもナンバーは読み取れるし、運転者、助手席もある程度は見えますね。

 カメラの映像はSDカードを直接読み取ることはもちろん、レコーダー本体を付属のUSBケーブルでパソコンに繋いでも再生、取り出しができます。録画時は、モニターの右上にリアカメラの映像が分割して表示されていますが、フロントカメラ、リアカメラの映像は別々のファイルとしてAVi形式で保存されていました。
 あおり運転対策、事故時の証拠映像としては十分な気がします。





 



ドライブレコーダーの普及率はどれくらいかな?と調べてみました。元資料が見つかりませんが、孫引きで

ドライブレコーダー、需要急上昇の実態と問題点 (2018/7/26)
日本自動車連盟(JAF)グループのフィールド調査によると、乗用車への装着率は9.6%と1割に満たないが、タクシーなどの業務用車両では79%と高水準となっている。


ソニー損保、「2018年 全国カーライフ実態調査」
安全運転機能の搭載率 「自動ブレーキ」20.3%、「ドライブレコーダー」31.7%
「ドライブレコーダー」の搭載率は昨年より16.4ポイント上昇
2018年10月19日〜22日の4日間、自家用車を所有し、月に1回以上車を運転する18歳〜59歳の男女に対し、「全国カーライフ実態調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効回答を得ました。


インターネット調査「マイボイスコム」ドライブレコーダーに関するアンケート調査
■自動車世帯所有者7割強のうち、ドライブレコーダー利用者は2割弱。
【調査対象】「MyVoice」のアンケートモニター
【調査方法】インターネット調査(ネットリサーチ)
【調査時期】2017年12月01日〜12月05日 【回答者数】11,111名



 3〜4台に一台はドラレコを搭載していることになりますが、街中を走っている車を観察してみても、そんな割合で搭載していない気がする。せいぜい10台に1台くらい。

 別の統計資料から考えてみると
ドライブレコーダーの国内出荷台数は、電子技術産業協会(JEITA)資料によると、2018年度が367万台、2017年度267万台、2016年が146万台と、過去3年で約780万台です。(国内メーカー15社、業務用、自家用の合算)
GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネット通販等の販売実績を基にドライブレコーダーの販売動向を発表した
2018年のドライブレコーダーの国内販売台数*2は前年比28%増の139万台となった
同資料では、2017年は109万台、2016年は80万台弱。こちらだと3年間の累計は約328万台

年度と暦年の違いはあれ、先程の出荷台数とえらく差がありますね。

 乗用車の保有台数(軽自動車を含む)自動車検査登録情報協会の資料では2018年現在6,158万台、さらに、トラック1,438万台、バス23万台なので、それから考えるとせいぜい10%弱、販売動向の数字だと5%程度でしょうか。

 こちらの方がJAFの調査データや実感と合っているのではないかな。

 あ、中国製が計算に入ってないわ(笑)


posted by しまねこ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床検査技師の日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186011285
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック