2999年11月03日

検査技師による検査技師のためのネット検索のコツ

 インターネットのおかげで、文献や資料を探すために、暗い図書室の隅でホコリまみれになる、ということから開放されました。

 しかし、Googleなどのロポット検索サイトではあまりに多くヒットして絞り切れなかったり、(「臨床検査」と言うキーワードでは200万件ぐらいヒットします^^;)反対にYahooのように細かいカテゴリーに分類するタイプのディレクトリサービスでは専門的な用語では一つもヒットしなかったりと、せっかくのネットを活用できなかったりしていませんか?。
hyoryu2.gif

ネットで漂流しないために  このページはそんなアナタのために広大なネットの海から効率よく情報を検索するテクニックを紹介します

2018年01月18日

次の元号を予測してみる

最近、元号ネタでいくつかツイートしました。



 ちょっと面白そうだったので、本気で次の元号で使われそうな漢字を予想してみました。
公式発表は年内らしいので、果たしてどうなるかな。

まず、頭文字がM,T,S,Hのものは使えないだろうということ。政府のコメントから、画数の少ない漢字だろうということを念頭に置いて、今までの元号でよく使われた漢字からリストアップしてみました。

まず。

「安」「永」「文」「弘」「久」「仁」「元」
が最有力かと思います。


「応」は頭文字が「0」となって、ゼロと紛らわしいので除外
「長」も頭文字の「C」が手書きでゼロと似ているので除外
「貞」「寛」「建」「康」「延」「享」も画数が多いので難しい。
「和」「治」「大(だい)」は、最近の元号で使われているので外されそう。

首相も自分の名前を元号につけるほど厚顔ではないと思うので、「安」もどうでしょう?

個人的には「文」が気に入っているのですが。

本命「文」


対抗「仁」


大穴「安」


果たして「文」で始まる元号になるかどうか?





posted by しまねこ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月27日

疱瘡の神遷座

 うちの地区にある疱瘡の神を祀る祠を山の上から麓の神社へ移転する「遷座祭」を執り行うことになりました。
 「疱瘡(ほうそう)の神」というのは疱瘡(天然痘)などの疫病が入ってこないようにと村境などに置かれた一種の結界のようなものでしょうか?
微妙に本業の臨床検査と関わっているような?

 まずは地区の役員一同で現地の確認と草刈りへ出発。
170730_0025s.jpg
里山の杣道を草刈り機で切り開きながら進みます。
道に迷いながら、ようやく到着。祠は藪に隠れるようにして鎮座されておりました。
housou073052.jpg
 祠は麓の神社と正対する向きに置かれ、山の稜線上で集落の外からやってくる疫病を背面で遮る形です。祠の中は空っぽでした、神職の方によれば、「多分御幣のようなものが入れてあったはずだが、朽ちてしまったのだろう」とのこと。

 いつ頃から祀られているのかは、はっきりとしないのですが古文書によると江戸時代にはあったとのことです。現在の祠は明治頃に作られたようで、麓の狛犬と同じ来待石のようです。

遷座祭の当日、宮司さんと役員がまず山上の祠で神事を行いました。
170825_0020s.jpg
祝詞をあげます。多分「長年にわたり、疫病から守っていただきありがとうございました。新しい祠を用意いたしましたので、お移りください」みたいなことを申し上げたのだと思われます。


170825_0054s.jpg

 麓の神社境内に新調したピカピカの祠で神事を行い、無事に遷座祭が終わりました。
posted by しまねこ at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床検査技師の日常

2016年12月05日

2017年賀状イラスト

12月に入っても年賀状作成に手がつかない。ようやく、鉛筆の下書きにサインペンでペン入れ。
/tori.jpg
PCに取り込んで着色してまずは、雄鶏。/osu480.jpg

続いて、若鶏とひよこ。
/hiyo360.jpg/piyo330.jpg
レイアウトして、今年はこれでいくことに。

/tori4c.jpg

もう一つ、こういうバージョンも
/tori480waku.jpg



タグ:年賀状 酉年
posted by しまねこ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イラスト(猫ばっかり)

2016年07月19日

目薬のさし忘れを防ぐ工夫

 眼圧が高くなる病気のため、現在4種類の目薬(点眼薬)を処方されているのですが、点眼を忘れてしまうことが多くて困っていました。そこで点眼忘れを防ぐための小道具を作りました。

 目薬というのは厄介で、1種類差したら次の目薬を差すのに5分開けるように言われます。朝出勤前にバタバタしていると、つい次の薬を差すのを忘れます。職場に着いてから、何番目の薬まで差したか覚えていません(これは加齢によるものも大きいかも)

 これが飲み薬なら一回分を一気に飲めばいいし、錠剤のシートを見れば飲んだかどうかわかります。飲み忘れ防止のため1回分づつ入れておくピルケースなども市販されています。目薬は差したかどうかも分からないので、ここが悩みの種でした。
 
 そこで、ボール紙と平ゴムを使ってこんなものを作りました。ガンマンがベルトに差す弾丸ベルト風です。
tengan2929.jpg

朝、一つ目の目薬をさした後はひっくり返してゴムベルトに差し込みます。
tengan2930.jpg

こうすることで、今朝はどこまで差したか一目瞭然です。
夕方は、反対に差した後に蓋を上にしておきます。

これを作ってから、差し忘れや、どこまで差したかわからないということが無くなりました。

 
posted by しまねこ at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床検査技師の日常

2015年10月22日

1万円以下で買えるWindows10のスティックPC

 Windows10インストール済みのスティック型パソコンが1万円を切ってしまったと聞いて、思わずポチってしまいました。ドスパラ価格9,980円。実際には消費税と送料で1万円を超えたのですが。
IMG_2707.jpg
 


 今日本体が届いたので、早速セットアップしました。本当に小さい。セットアップするために、XPパソコンに使っていた21インチの液晶モニタにつなぎます。本来は液晶テレビにつなぐのでHDMIの外部出力しかありません。そこで、HDMI-DVI変換アダプタを使います。


 あとは電源ケーブルをスティックPCにつないで電源ON。セットアップ画面が出てきたので指示通りに入力していったら、ちゃあんとWindows10のデスクトップが現れました。この間、約15分くらい。

 無線LAN内蔵なので、家のwifiルータに接続すればインターネットにもすぐ接続。ブラウザゲームも快適にプレイできました。YouTubeもサクサクです。

 ちょっと焦ったのは、手持ちのWindowsXP PCのキーボードがUSB接続のタイプではなかったので、USBマウスだけでセットアップする羽目になりました。マウスだけでも画面に仮想キーボード (タッチキーボード)を表示させて入力することができました。
 後で試しにPoweMac用のアップルキーボードをつないでみたら、ちゃんと使えました。やってみるもんですね。本来は無線キーボードとマウスを使えるようになっているので、家庭用テレビに刺して使うなら、そっちが便利なのでしょう。

iPhone6のテザリングができない!

 家以外の場所で使うことを考えてスマホでのテザリングを試してみました。iPhone6をテザリングモードにしてスティックPCから接続を試しました。

 ところが、ここでつまづいてしまいました。

 ちゃんとスティックPCの画面ではiPhoneの電波を捉えているのですが、接続しようとパスワードを入れると、エラーの青い画面が出て再起動してしまいます。
IMG_2708.jpg

 エラーコードでgoogle検索しても、よくわかりません。
 三日ほど悩んで、ふと、iPhoneの名前が「〇〇のiPhone」と日本語表示になっているのを半角英数文字に直してみたら、あっさりと繋がりました。

無線LAN(wifi)受信感度が悪い

 無線LAN(Wifi)に関しては、Amazonのレビューにも「感度が悪い」と書いてありますが、その通り。2台の無線アクセスポイントから3チャンネル飛ばしているのですが、2チャンネルしか掴まない。さらに1階で試すと2階のあるアクセスポイントの電波が繋がったり繋がらなかったりと不安定になります。同じ場所でスマホはちゃんと繋がります。

使い方次第
 やはり安いなりの問題は色々とありそうですが、そういうもんだと割り切って使えば良いと思います。

 職場での学習会などでパワーポイントを使うとき、液晶プロジェクターの替わりにこのSTIC-PCを液晶テレビに刺せばお手軽です。MS-OfficeがなくともパワーポイントビューワーだけインストールしておけばOKです。


posted by しまねこ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床検査技師の日常

2015年10月17日

UPS(無停電電源装置)バッテリーの交換と廃棄

 UPS(無停電電源装置)のバッテリー交換をしました。交換そのものは簡単だったのですが、その廃棄がちょっと面倒だったので、そのお話。

 数日前の深夜にPCを置いている部屋から「ピッ、ピッ」と音が聞こえてきました。何かな?と見に行くと、UPSのフロントパネルに赤いランプが点灯して、アラームが鳴っていました。

 どうやらバッテリーの寿命が来て交換が必要なようです。毎晩アラームが鳴っても困るので、早速アマゾンで交換用バッテリーをポチります。


 ようやく届いたので本日交換しました。作業そのものはいたって簡単で、UPS本体裏にあるネジ一本を外してバッテリー部分の蓋をスライドして開けます。
 バッテリーを少し引き出してから赤と黒のコードを取り外し、バッテリーを取り出し新品と交換。赤黒のコードを元どおり接続したら終了です。念のためにPCはシャットダウンしておきましたが、UPSの電源入れたまま交換しました。所要時間は10分程度でした。

 実は大変だったのはこれから。

 続きを読む
posted by しまねこ at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床検査技師の日常

2014年05月31日

20年前の検査室

 PCの古いフォルダを整理していたら、20年ぐらい前の検査室のスナップが出てきました。

撮影されたのは1996年の6月頃のようです。
デジタルカメラが出始めた頃、放射線科の技師長が持っていたカシオのQV-30(25万画素)で撮影されたものと思われます

スタッフ.jpg
当時のスタッフ

7150-3.jpg
壁際大型冷蔵庫の両側にあるのが生化学自動分析器(日立7150)
左手前の机上は卓上遠心分離機

血液.jpg
血球計数装置 (コールター STKS)
仏壇のような外観は現行の機械とあまり変わりません
続きを読む
posted by しまねこ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床検査技師の日常

2013年12月21日

午年年賀イラスト

2014年賀x.jpg

馬→メリーゴーランドという安直な発想です。
posted by しまねこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イラスト(猫ばっかり)

2013年06月06日

古いデジタルビデオカメラからDVDに変換する方法

 旧式のデジタルビデオカメラから動画を取り込んでDVDを作るのに難儀したと言うお話

DCR-PC55_130606059.jpg

 子供から「今日撮影したテニス大会のビデオをダブルスの相方にあげたいのでテープをDVDにコピーして欲しい」と頼まれました。

 我が家は未だにVHSデッキのみ。ブルーレイはおろか、DVD録画再生デッキが無いので、ビデオカメラからDVDにコピーすることができません。

 今まではビデオカメラをTVに直結して見ていたので問題は無かったのです。

 我が家で唯一DVDドライブがついているパソコン(iMacMid 2011)に取り込んでやろうとしたら、接続するケーブルが合いません。カメラは10年もののSONY DCR-PC55で、先代のG4Macの時にパソコンとの接続に使っていたiLinkケーブル(FireWire400)のコネクタがiMac側にはありません。(T^T)。

iMac_ura20130610062.jpg
続きを読む
posted by しまねこ at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記